【人間関係】「課題の分離」をすることで、生きやすくなる!?

【公開日 2020年4月13日】

こにちは〜「xxxryo」です^ ^

コロナウィルスが蔓延して、世界的に外出自粛宣言となっております(ToT)

ほんとうにいつまで続くのやら…(ToT)

ということで、自宅で過ごす機会が増えてきており、暇であり、家庭でもストレスが溜まってくると思われます(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

そして家族というのも、「人間関係」です。

以前、世界的大ヒットとなりました

嫌われる勇気

という作品より、

人の悩みは、すべて人間関係である。引用

と書かれています。

※自宅待機でいまが読み返せるチャンスです。

 

 

ぼくも最近読み返して、とくに気になった「課題の分離」。

この「課題の分離」できていますか??

これを気にして取り入れることで、気持ちがラクになりました。

この「人間関係」をちょっとでも軽くして生きやすくするために、「課題の分離」を紹介していきたいと思います。

課題の分離」とは!?

まず例を挙げまして、

親「学校の宿題ちゃんと終わったの!?」

子「みたいテレビ終わってからやるよ」

親「いつになったらやるのよ!?」

子「ほっといてくれよ!!」

よくある家庭風景だと思いますが、はたしてこれはだれの「課題」でしょうか??

この「課題」は、子どもの「課題」ですね。

ここで分離します。

宿題をしなくて、影響がでるのは子どもです。

親は、完全なる「過干渉」です。

心配や不安から、口にしてしまい親子で揉めるもとなんですよね。

ですから、ここで「課題の分離」ができたら、お互いの苛立ちもなく、干渉せず生活ができるというわけです。

課題の分離」を意識する

ぼくも正直、完璧に分離できていません。

なかなか難しいグレーゾーンもあります。

子どもの片付けにしても、ゴミは捨てなかったり、おもちゃを片付けなかったり。

つい口が出てしまうのも事実です。

ですから、ちょっとでも意識してお互い「自立」できるように努めたいですね。

仕事に関しても、上司としての立場から部下へ口出ししてしまったり。

自分の課題ではないのに、干渉してしまったりして、いやな雰囲気になることがあると思います。

意識するだけで、干渉せずに済み、気持ちにも余裕ができます。

課題の分離」まとめ

この「課題の分離」をすることで、自分にかかるストレスはだいぶ軽くなります。

いま思えばなのですが、当時は自分の問題以外にも首を突っ込んでは抱え込んで、勝手に苦しんでいたんだ、という体感しております。

課題の分離」ができている人はいいのですが、うまく分離できてない人はぜひとも実行してほしいです。

これは、

・親

・子ども

・上司

・部下

上記に関しても関係なく活用できます。

まず、

この課題は、自分の課題なのか?

この疑問をクセづけるだけでも、考え方が変わってきます。

なので、「自分の課題」ではないと割り切る。

と、次第に自ら他人にクビを突っ込んでいかなくなり、ストレスの原因の揉めごとや、いらない責任を背負うことも少なくなります。

ちょっとでも、「人間関係」をラクにしたいなと思われる方はぜひ活用してください。

あと「嫌われる勇気」を再度読み返して、さらに気持ちを切り替えていきましょう^ ^

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。