【実体験】初心者必見!ゴルフ始めてから山デビューまでの注意点!

こにちは〜xxxryoです。

みなさんゴルフしてますか?

仕事関係でも、

ゴルフができれば、

飲み会と変わらない接待ができます。

接待ではなくても、

親しくなりやすいです。

そうといわれても、

最初は難しいので、

山デビューまでの注意点を

書いていきます。

ゴルフ道具を構える

まず道具を揃えないと、

なにもできません。

必要最低限の物を書いていきます。

・ゴルフクラブ

・ゴルフバッグ【ネームプレート】

・ゴルフスパイク

・手袋

・ゴルフウェア

・帽子あればなお良し

・ゴルフボール

・ゴルフティーやマーカー

だいたいこんな感じですかね。

アイアンをひたすら練習

ゴルフといえば、

ドライバーでかっ飛ばす!

という、イメージが強いです。

まず当たりません!

当たっても飛びません!

まず先にボールから目を切らず、

芯に当てるように、

スイングを作っていくのが一番です。

なので、まずショートアイアンで、

きれいに打ち抜けて、

まっすぐ飛ぶまでを練習しなくてはなりません。

最初はボールに当てるのも難題です。

7番アイアンできれいに打て出すまで、

振り続けましょう。

きれいに振れ出したり、

あたり出してから、

ドライバーやフェアウェイウッドで、

打球練習したほうが良いでしょう。

スイングフォームに気をつけよう

色んな競技でも共通していますが、

基本をまず作りましょう。

後々クセがついてきますが、

基本を先にきちんと学び、

スイングフォームを固めましょう。

ぼくもまだまだスコアも良くなく、

練習中の身ですが、

やっぱり基本に忠実に、

スイングフォームを作ったほうが、

ブレもなくスコアもまとまります。

スイングの注意点

・スクウェアグリップを毎度確認

・インパクト時に手首を返す

・体を回して打つ、手打ちにならない

・目を残す、打球をすぐ追わない

など、自分の基本確認事項を作ると、

自分のスイングフォームが固まってきます。

フォームが崩れてくると、

打球がへんな方向に出たり、

ダフったり、

トップしたりと、

いいことがありません。

飛距離を気にしない!

友達や知り合いなどと、

飛距離勝負になりがちです。

ぼくもよくやりますが…

飛距離は関係ありません。

飛距離が出るに越したことはないのですが、

飛距離を気にするあまり、

力が入ってしまい、

全然方向が違うとこに飛んでしまうことは多々あります。

持つクラブによって、

飛ばせる飛距離はだいたい限られています。

このクラブはこれぐらいの距離とゆうのを把握して、

安定したほうがスコアメイクしやすいです。

上級者の方たちは、

短いアイアンで寄せる技術が、

とても上手です。

パットミスでも一打です。

なのでスコアが良くなります。

まとめ

まず基本に従い、

教えてもらいましょう。

ひとりでやれば変なクセがつきます。

見たり聞いたりが上達のコツです。

あと繰り返しの練習もいいですが、

逆説ですが、

思い切って山コースを回ってみて下さい。

打ちっぱなしとは全然感覚が違います。

コース回ってから、

打ちっぱなしにいくと、

シチュエーションを考えながら打てるので、

さらに上達しやすくなります。

山コースを回ると、

景色も爽快で、

非現実的でとてもリフレッシュできます。

運動不足も解消できます。

ぜひゴルフライフを楽しんでください。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。