【実体験】釣りを始めて3年以上経過!最低限必要なタックルと1匹を釣るまでの注意点!

こんちは〜xxxryoです。

みなさんは釣りしますか?

ぼくは3年ほど前から、

1人でできる趣味を模索してました。

釣り道具を構えて、

教えてもらい、

なんとか1人でも釣行にいけるぐらいにはなりました。

海釣りで、

基本ルアーで釣りしてます。

頻繁ではないのですが、

機会があれば釣りに行きます。

最初の1匹を釣りあげるまでに、

苦労したことなどを書いていきます。

最初に揃えたタックル

まず道具を揃えないと、

もちろん釣りができません。

ぼくが最初に買ったのは、

竿

シマノ ディアルーナS90ML

【中古/美品】 シマノ ディアルーナ S906ML/T283L スピニングロッド シーバス ルアーフィッシング

価格:14,904円
(2019/8/6 13:49時点)
感想(0件)

リール

シマノ エクスセンスBB

シマノ エクスセンスBB 4000HGM

価格:15,120円
(2019/8/6 13:50時点)
感想(3件)

ライン

よつあみ PE x4

PEライン 1.5号【送料無料】 YGK よつあみ リアルスポーツ G-soul X4 アップグレード 150m 1.5号 25lb [ ジーソウル アップグレード 海釣り 船釣り エギング ジギング スロージギング G-soulX4Upgrade ぼくたまフィッシング ]

価格:1,618円
(2019/8/6 13:51時点)
感想(0件)

リーダー

ラパラ ラピノヴァ フロロカーボン20lb

●ラパラ RAPINOVA ラピノヴァ フロロカーボン ショックリーダー 20m (16-20lb) 【メール便配送可】 【まとめ送料割】

価格:581円
(2019/8/6 13:52時点)
感想(0件)

各小物

バッグ、ラジオペンチ、フィッシュグリップ

、ハサミ、スナップ、ルアー

かなり抜粋してます。

ライン結束が重要

最初につまずくのは、

ライン結びです。

ぼくがそうでしたが、

素人の方がラインとラインを

結束しなければいけないとは

知らないです。

それを手編みで結束するのには、

かなりの手間がかかります。

なのでぼくは、

第一精工のFGノットアシスト2.0

ノットアシスト 2.0 強力FG ノット 第一精工 釣り具

価格:3,934円
(2019/8/6 13:53時点)
感想(0件)

を購入しました。

おすすめです。

こちらを使用しても、

慣れるまでかなり時間がかかります。

手編みよりは時間がかなり短縮されます。

ラインの結束がしっかりしてないと、

魚に切られたり、

ルアーを投げた反動で、

切れて飛んでったりします。

重要事項です。

スナップは、

「パノマーノット」

とゆう、結束の仕方が、

簡単で強度もあります。

こちらは、

ネットで検索してもらうと、

図が出てきますので、

そちらを参考に。

ルアー「疑似餌」

エサの代わりに、

ルアー「疑似餌」と呼ばれるもので、

魚をエサとダマして釣ります。

ぼくが最初に釣れたルアーは、

サスケ 裂波 120 玉彩カラーでした。

【中古/美品】 ヒラスズキルアー ima サスケ 120 烈波 アイル マグネット 3Gミノー145F シマノ サイレントアサシン 110HS アスリート FS14 4本セット / ST1601S

価格:2,700円
(2019/8/6 13:55時点)
感想(0件)

環境により、釣果が違う!

狙う魚種や釣果は、

その時の環境や、

食べているエサによって変わってきます。

ぼくはどこでも、

時間に関係なく釣れるもんだと思ってました。

結論!環境や時間が1番大事です。

まず魚のお食事タイムは、

・日の出前後 前1時間、後1時間

「朝まずめ」と呼びます。

・日没前後 前1時間、後1時間

「夕まずめ」と呼びます。

上記がゴールデンタイムといわれております。

もちろん、日中でも釣れます。

が、釣れやすい時間はやはり、

「まずめ」が、

魚の活性が高くなります。

次に大事なのは潮です。

上げ潮 3分時や、

下げ潮 7分時が釣れやすい、

と言われています。

場所により、

大潮のほうが釣れたり、

小潮のほうが釣れたり、

まちまちです。

自分が通う場所を決めたら、

どの時間が良く、

どの潮が良いというのを、

一つづつ見つけていく作業となります。

【こちらの記事もおすすめです!】
【釣行】久々朝まずめのみ勝負!

場所投げ込むのが大事!

とりあえず場所を決めて通う事です。

あと初心者は釣れる感覚がないため、

投げて巻く行為が少なくなります。

投げて巻かないことには、

魚は釣れませんので、

できる限り投げ込みましょう。

最初の1匹がかかるまでは、

これでいいのだろうか?

と、疑問ばかり考えますが、

魚がひったくってくれるまで続けましょう。

魚がきてくれたときには、

びっくりしますが、

必ず合わせて落ち着いて寄せてください。

心臓バクバクしますよ?

まとめ

最初に釣れた1匹は、

【ヒラメ】でした。

サーフと呼ばれる砂浜の場所から、

ルアーを投げて、

冬の朝7時前にひったくってくれました。

サイズは60センチほどで、

重たいゴミが引っかかったのかと思いました。

すごく心臓バクバクで、

喜んだのを覚えています。

ルアーで釣れたら、

うれしさで病み付きになりますね。

さいごに、

ぼくが初心者のときに感じた疑問や、

苦労したこと、

調べたことなどを書きました。

参考にしてもらえたらありがたいです。

みなさんもいい釣り人生をエンジョイしてください。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。