【悲報】伝説馬キングカメハメハ死亡

ディープインパクトの死亡が、

世間に衝撃を与えていました。

まさか、追いかけるように、

キングカメハメハも死亡するとは

夢にも想いませんでした…。

免疫力の低下で種牡馬も引退していたそう…。

18歳だったそうです…。

またも伝説馬が一頭旅立ちました。

いろんなレースを振り返っていきます。

NHKマイルカップ

2004年NHKマイルカップ G1

にて勝利を収めた。

日本ダービー

2004年 日本ダービー G1

を勝利し、

変則二冠達成。

神戸新聞杯

2004年 神戸新聞杯 G2

を勝利したのちに、

屈腱炎のため、

現役引退した。

安藤勝己騎手

キングカメハメハといえば、

安藤勝己騎手が騎乗していた。

やはりダービー制覇が、

印象的です。

種牡馬としても大活躍

短い現役引退後、

種牡馬として大活躍。

ディープ産駒と競い合える、

キンカメ産駒が多く輩出された。

キンカメ産駒代表馬

・ロードカナロア

・ドゥラメンテ

・アパパネ

・ルーラーシップなど

まとめ

短い期間で現役引退ながらも、

キングカメハメハという名前と、

変則二冠という偉業がかなり印象的で

カリスマ性がありました。

まさか続けて伝説馬二頭が亡くなるとは

夢にも想いませんでした。

歴史的名馬の代表格といっても、

過言ではないと思います。

長い間、夢と感動をありがとうございました。

突っ走ってきた分、

ゆっくり休んでほしいですね。

心からご冥福をお祈り申し上げます。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。