【救急】「尿管結石」にはご注意ください!「激痛体験記」(令和元年12月6日更新)

【こちらの記事は、令和元年12月6日更新しました】

こにちは〜xxxryoです。

まさかの衝撃的な「激痛体験記」をしたので、発信していきます。

結論から言いますと、「尿管結石」です。

一般的に言われているのは、「激痛」です囧rz

※あらかじめ記載しておきます!!

じつは、この実体験は、「ぼく」ではないんです…

ぼくの「嫁さん」がなった話です…

ではでは、詳しく書いていきたいと思います( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

救急搬送

夜21時過ぎから、2人の子どもを寝かしつけて、自分たちも寝かかったころでした。

そのとき「嫁さん」は、「妊娠初期」で「つわり」もひどかったのです。

22時ぐらいから、ずっと「気持ち悪い…」とトイレに閉じこもりっぱなし。

全然出てこないので、心配して見に行ったところ、

息が出来ない!

気持ち悪い!

お腹痛い!

動けない!

と「悶絶」状態!

あまりの「激痛」に大汗をかいている状況です。

ましてや「妊婦」です。

最初に思い浮かぶのは、「あかちゃん大丈夫だろうか?」が一大事となってきます!

まず、お腹の赤ちゃんが心配な為、かかりつけ「産婦人科」へ「救急搬送」することになりました。

自宅に子ども2人を置いてはいけないので、母親に自宅へ来てもらい「産婦人科」へ駆けつけました。

産婦人科異常なし!

産婦人科」の診察をしてもらい、診察結果「あかちゃん」は異常ありませんでした。

血液検査」も、「炎症の疑いなし」と言われました。

あかちゃん」は無事で一安心です。

ですが、一向に嫁さんの症状がよくなりません!

息が出来ない!

お腹な激痛!

死ぬ!

と悶えていました。

主治医の先生は、「ウチで診れるのはこれ以外にない」という感じで動いてくれず。

のたうち回る「嫁さん」をなんとかと思い、はやく別の救急外来へとお願いしました。

産婦人科で悶えながら、「なんの処置もないまま1時間半経って」ました。

なにもできず、苦しんでる姿に、焦りと苛立ちを隠せませんでした。

救急外来を受け付けてくれない!

よく聞く話しだと思いますが、なかなか「救急病院」が受け入れてくれないみたいです。

たらい回し」にされたり、「受け入れてくれなかった」り、本当に社会問題だと思います!

なんのための「救急」なのか?

焦っているときほど、感じましたね。

主治医の先生が、大きい病院へずっと電話してくれてたみたいなのですが、一件目の病院は断られたそうです。

運良く二件目に受け入れてもらい、また救急搬送してもらいました。

そのとき、すでに2時間が結果しており、後」日聞いたら、すでに痛みで「意識が遠のいていた」そうです。

診断結果!尿管結石

やっとのことで「救急外来」を受け入れてもらい、入室したときには、意識もうろうとしいたため、悶えず逆に落ち着いていました。

まず「妊婦」でも大丈夫な痛み止めを点滴で入れてもらい、先生に診てもらいました。

疑いがあるのは、

・便秘

・盲腸

・尿管結石

と言われました。

検査」をして疑いを詰めていきたいと伝えてくれました。

やはり「血液検査」では炎症がなく、1番あやしいのは、「尿管結石」だと言われました。

尿に血が混ざっていたのと、かなり「脱水状態」になっているみたいです。

実は1週間ほどまえから、尿に血が混じってたので、心配で「産婦人科」に行ったばかりでした。

産婦人科」的には問題なかったと言われていましたが、これで「合点」しました。

あと、「つわり」で「栄養」もとれてなく、「水分」も取れてなかったのがいけなかったみたいです。

体力も全然ありませんでした。

「尿管結石」「妊婦」「治療法」入院して経過観察!

その日は、痛み止めと点滴をして1日入院することになりました。

できる限り水分を補給してください。

できれば、食べれるものは食べてください。

といわれ、「尿管結石」は「水分」をよくとり、体を動かして極力「小便」をして流していくのが良いそうです。

本当でしたら、「結石」を溶かすとか、「結石」を割るとか、手段があるみたいなのですが、「妊婦」なのでいまは「治療」ができません。

また再発して詰まる可能性がありますが、ならないことを祈るしかありません。

と言われました。

なんとか1日で退院出来ました。

子どもと1日ぶりに「涙の再会」となりました。

まとめ

急にこんなにことになるとは、夢にも思いませんでした。

対応してくれた皆様に感謝申し上げます。

勝手ながら、「救急病院」の受け入れ体制をもっとスムーズにしてほしいと強く思いました。

あと後日、「救急深夜診察料が高額」でびっくりしました。

正直、「こんなかかんの?」という高額なので、覚悟が必要です囧rz

さいごに、「体験記」としてまとめていきます。

まず、「尿管結石」は誰にでもなる可能性があるということ。

看護師さん」いわく、「尿管結石」は「水分不足時」になりやすいそうです。

人間、「水分」はすごく大事ですね。

あと「運動」して流してやるのも「効果的」みたいです。

すごい「激痛」らしいです!

予防対策」としてこまめな「水分補給

、「運動」して健康に気をつけていきたいですね。

すごく貴重な「尿管結石」「激痛体験記」でした。

こんなことなかなかないとは思いますが、この「激痛体験記」が、ちょっとでも参考になればありがたいです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。