【読書感想】バカとつき合うな(堀江貴文)(西野亮廣)読んでみて気づき!超おすすめ!

【公開日 2019年8月20日】

【更新日2020年1月27日】

こにちは〜「xxxryo」です^ ^

みなさん「読書」楽しんでますか??

今回は「バカとつき合うな

という本を紹介していきます。

あの「ホリエモン」と、「キングコング西野」が、対談を本にした一冊ですね。

ではさっそく、自分が気になった点を書いていきます。

我慢を美徳にしたがるバカ P040

                      

 

いろんなルールや課題に、それがどんな意味を持つのか。

納得していなくても、耐えて我慢するということを刷り込まれる。

それがいいことだと刷り込まれる。

結果、それが転じて、耐えて我慢すること自体がいいことだと誤解はじめる人がいます。

さらにはそれが、自分にとって忍耐を必要とするようなものは、自分にとっていいものなのだという信念にスライドしていく。

「良薬口に苦し」っていうことわざのせいもあるでしょう。

論理がスライドして、

「口に苦いものは良薬なんだ」

と誤解しはじめる。

そもそもこの時点で論理を理解できないから、バカ。

いまの時代に必要なのは、我慢できないほど、

「これをやりたい!」

と欲望する力です。

我慢とは真逆の力。−引用

 

我慢」は良くないですね!!

昔から「教育」とは、「我慢」を強いられてきた気がします。

勉強」であり「仕事」であり、「迷惑」をかけないよう「自粛」し過ぎていました。

自分」を押し殺さないよう、「解放」してあげたほうが、生きやすいですよね。

このまとめにも書いてますが、

我慢は百害あって一利なし。

ストレスが溜まれば他人にも牙を剥く。

−引用

                     

 

この文章がとくに「印象」受けました。

空気を読むバカ P158

これからは「信用経済」の時代。

「お金持ち」ではなく

「信用持ち」を目指そう。

「信用」は換金できる。

より自由に生きられる

「信用持ち」こそが勝ち組だ。

「信用」は「嘘」で下落する。

場がシラケようと不味いものには

「マズイ!」と言え。

自由でいたければ、

多数派にとびついてはいけない。−引用

空気を読みすぎると、生きづらくなりますね。

ぼくも読みすぎるほうなので、根本的に考えかたを変えたいですね。

自分」をしっかり持ち、「自由」に「信用」を得ていきたいです。

ぼくは「バカ」 P210

小利口だったぼくはバカになった。

人は変われる。

「自分探し」なんてしなくても、

あなたはどうしたって存在している。

人間をバカにする「死」のことなんて、

突き放してやれ。

真似ることが個性を育てる。

思い存分、真似していこう。−引用

自分」が好きなことや、やりたいことをバカになり、やり切ろうと思いました。

結局「自分」の「人生」だし、好きなことを真似て、より「人生」を楽しむことに「集中」することが、大事だと感じました。

ぼくも「バカ」 P228

ぼくは、後先はかんがえないけど、ほかのことは人一倍考えるバカ。

人間の寿命に収まらないスケールの表現には、ロマンがある。

笑いと身体。

時代を越えた普遍的な本質を、ぼくは追っていく。

ぼくらもあなたも、いいバカとして

世界を明るくしていこう。−引用

こちらも、自分のやりたいようにやり、いろいろ考えて、明るく楽しくなるようにバカになろうという内容ですね。

バカと付き合うなまとめ

最終的には、みんなバカになろうでまとまったので、意外な結末でした!?

けど、ひとつひとつの区切りで、まとめてくれているのでわかりやすいです。

結局は、みんなバカになって周りは気にせず、「自分」の好きなやりたいことに「集中」して、「人生」を楽しんでいこうということですね。

ストレス」が1番いけないのと、もっと「自由」になるべきだと、教えてくれる本でした。

まだまだ良い内容が書いてますが、抜粋して書きました。

ぜひ読んでほしい一冊です!!

超オススメ」です^ ^

created by Rinker
¥1,430 (2020/10/30 04:51:52時点 楽天市場調べ-詳細)

 

created by Rinker
¥1,359 (2020/10/30 04:51:52時点 楽天市場調べ-詳細)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。