【釣り知識】ルアーの針がサビて交換する際の注意点!

こにちは〜xxxryoです^ ^

海でルアーを投げて釣る方は分かると思いますが、ルアーの針がサビてきます(・Д・)

どうしてもサビてきます(・Д・)

洗ってもサビてきます(・Д・)

だましだまし使って…なおサビが進みます((((;゚Д゚)))))))

ルアー買い替えちゃおっか?

とお金持ちの方なら、替えちゃうのもありです!

できれば、めんどくさくないので自分もそうしたいです(*´ー`*)

ルアーもキズがあるものの、針さえ換えたら全然使えます^ ^

でも家庭を持っていて、ふところサビシイサラリーマンは、ケチって自分で交換しようと試みました(〃ω〃)

はじめての試みなので、注意点書いていきます^ ^

※初心者の方に向けて記事を書いておりますので、上級者の専門家の方々はスルーしてくださいm(._.)m

じぶんの記録のためにも、記事として残しておきたいため、ご了承くださいm(._.)m

では、さっそく奮闘記を書いていきます^ ^

 

部品購入!

釣具屋さんにて、まず部品を購入します。

針「トレブルフック」と、連結金具「スプリットリング」を選んで購入していくのですが、ここで注意点です。

必ずサイズを確認して、購入しましょう!

どちらもサイズがあり、釣具屋さんであれば、じぶんの変えたいルアーの新品を手に持ち、サイズを確認しながら、商品を手にします。

今回は、「#7の針」と「#3のスプリットリング」でした。

確認が終われば、新品のルアーをもとの場所へ戻します。

(それか、いまではネットで調べたらでてきますので、ググって調べたら早いです。)

この#○が、サイズの表記です。

※こちらのサイズを間違えて取付した場合、ルアーのバランスがくずれて泳がない、といったトラブルがでるので、くれぐれもご注意ください。

ぼくが今回購入したのは、

「トレブルフック#7」6個入りです。

「スプリットリング#3」18個入りです。

※メーカーなどにより異なります。

ここであるあるなのですが、以前より気になっていたルアーをついでに買ってしまいます(・Д・)

今回は、「ブルーブルー社 ブローウィン140」を購入いたしました!!!

はやく投げたい衝動が…((((;゚Д゚)))))))

本題に戻り購入したら、交換作業に移ります^ ^

 

交換作業開始!

まずルアーから、サビている針を取り外します。

ぼくはめんどくさがりなので、スプリットリングごと取り外しました。

こちらですね〜

そして、スプリットリング一個取付写真です。

そして、スプリットリング完了写真です。

さいごに、針を取付写真です。

これで完了しました^ ^

全部調べながらやりましたので、じぶんの感じた注意点書いていきます^ ^

ぼくの実施した手順!

開始→サビた針をスプリットリングごと外す→新品のスプリットリングから着ける→トレブルフックを着ける→完了

・スプリットリングの脱着時には、専用のラジオペンチがオススメ!(先にとがった部分があり、スプリットリングの隙間にねじ込めるタイプ)

・かなり細かい作業なので、焦らずゆっくり行う。ちからが入りすぎて、誤って針が刺さらないように。

・トレブルフックは、針の向きがあるみたいです。間違えると、フッキング率が変わるみたいなので要注意!!!

(前トレブルフック→1本針の位置が前向き)

(後トレブルフック→1本針の位置が後向き)

もう一度参考に写真貼ります。

このようにできたら、良いみたいです^ ^

 

まとめ

経費削減のためにも、フック交換してまだまだ使えるように頑張ってほしいですね^ ^

どうしても、引っかかってロストしたりするので、それもふまえて生き残ってくれているルアーたちに愛着を持って長く使えたらと願っています。

以上、「スプリットリング」「トレブルフック」交換の奮闘記でした^ ^

今回購入した、部品のラインナップの紹介です^ ^

【ゆうパケット対応可】【コアマン×がまかつ】トレブルフック CTRB-M #7

参考までにどうぞ〜(*´ー`*)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。