【新築】注文住宅で建てるときの注意点〜営業編

【公開日 2019年7月22日】

【更新日 2020年1月21日】

こにちは〜xxxryoです^ ^

みなさん「新築一軒家」考えてますか??

月々の「家賃」と「駐車場代」がもったいなく思い、「子供」も「小学生」になるまえにと、思い切って「新築一軒家」を買いたい!!

と強く思いました^ ^

そうなると、「注文住宅」か「建売住宅」か、もしくは「マンション」かの選択になってくると思います。

ぼくは、最初に「建売物件」を巡っていたのですが、「注文住宅」の展示会で「注文住宅」へ路線変更しました。

いろいろ悩んだ末に、飛び込みで入った「工務店」の営業さんが感じがよく、親切にして頂いたので、運よくトントン拍子で建てることができました^ ^

新築一軒家」とは、「人生」で1番の大きな「買い物」だと思います。

自分」が「注文住宅」で建てるときに感じた、「注意点」を書いていきます!!

建てる工務店ハウスメーカーを決める!!

まず、「どこで」建てるのかを決めるのが、1番始めの「決定事項」です。

工務店」や「ハウスメーカー」は各「長所」が変わってきます。

建てる条件例

・高気密、高断熱

・天井高

・耐震性

・外観

・低コスト

etc

ぼくは「高断熱」「高気密」「耐震性」「天井高」が「セールスポイント」で料金は標準的でした。

最重要!!担当の営業次第で「質」が変わる!?

ハッキリ言います!!

担当の「営業次第」で、「段取り」や「打ち合わせ」など「進行具合」が変わります。

ぼくの「経験」からいきますと、最初の「工務店」の出会いは「オープンハウス」の「見学」でした。

そこの「工務店」の「営業」と話していくうちに、

予算内で収まるなら住宅を検討していこう

と決まりました。

ここで、1つ「問題」がありました。

担当の「営業」が、「入社3カ月の新人」でした。

簡単にぼくの「ボツ」になった事例を紹介します囧rz

・年齢は40代女性(新人)

・補助に上司がつかない

・知識がないので、話が噛み合わない

・なのに契約は急かされる

etc

などなど、「違和感」がかなりありました。

だけど、「新人」なので仕方ない。。。

などと、変なやさしさでごまかしてしまいました。

人生」で大きな買い物なので、そんな「遠慮」はいらないんですけどね。

また事例ですが、「不動産」の「土地情報」を「工務店」が「仲介」してくれるのが「主流」です。

良さげな土地がありました。

と、連絡があり、

不動産屋で話しを聞きましょう。

ということで、伺いました。

どんないい条件の土地を紹介してくれるのだろう!?」

と、「ワクワク」していました。

ところが、「不動産」の「社長」と思われる方が「激怒」しています。

???

状態でした。

詳しく話を聞いてみると、どうやら「不動産会社」が、まだ公に出ていない「優良隠し物件情報」だったそうです。

工務店」の「営業」はどういう訳か、「機密情報」を、勝手に紹介してしまったのです!!

もちろん、悪気はなく、いい「物件」を早く「提供」してくれたんだと思います。

ですが、こちらが受けた「印象」も良くなく、

なにか悪いことでも!?」

みたいな感じで、担当の「営業」は理解しておりません。

完全に「信頼」する気持ちがなくなりました。

セカンドオピニオンを使ってみる!!

いまの時代、「ネット」から「情報」はいっぱい入ってきます。

同じ条件で建てれる「工務店」を調べて、飛び込みで、話を聞いてもらいました。

そこの担当「営業」はすごく感じ良く、「経験豊富」な風格で「段取り」や「打ち合わせ」いままでの「知識」を分かりやすく教えてくれました。

とても「信頼」でき、比較的「スムーズ」に計画でき、気持ちよく建てて頂けました。

注文住宅」まとめ

営業」担当者には、素直に相談してみて下さい。

ちょっとでも「違和感」を感じたら、別の業者さんにも相談できると思いますので、1つに縛られず、「納得」がいくまで話を聞いてみるのをオススメします。

一生」に「一度」の大きな「買い物」です。

後悔」しないように、「夢のマイホーム」を建てましょう^ ^

ちょっとでも、参考になればありがたいです^ ^

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。